写真部「島根県高校写真展」で1席獲得

11月15日(金)に,「島根県高等学校写真展」の審査会が行われました。この結果,1・2年の部で松岡隼矢君(2年生)が1席(作品タイトル「移りゆく刻」)を獲得し,来年茨城県で開催される全国高等学校総合文化祭への出場が決定しました。また,3年の部でも1席に三島ひな子さんが入賞(作品タイトル「ユレル。」)し,本コンクールにおいて1位を南高が独占する結果となりました。なお,本校から出品した作品の約4割が上位入賞を果たし,日頃の活動成果が十分に評価された結果と判断しています。「全国総文祭」と「写真甲子園」という高校写真部の2大ビッグタイトルのうち,「全国総文祭」を手中にしました。これから半年間,しっかりとした基本写真力を身につけ「人の心を打つ写真表現」を目指していきましょう。(顧問:江田教諭)


footer画像