筝曲部 『全国高総文祭とやま2012』に参加しました

soukyoku3.JPG

 

 

 

 

 

平成24年8月11日(土)・12日(日)の2日間、第36回全国高等学校総合文化祭富山大会日本音楽部門が富山県射水市の高周波文化ホールで開催され、全国から55団体が出場しました。

 soukyoku1.JPG

 

 

 

 

松江南高校筝曲部は、大会1日目、プログラム19番で 沢井忠夫作曲、「石筍」を演奏しました。「石筍」とは、鍾乳洞の中で石灰分を含んだ水がしたたり落ち、何万 年ものときを経て、筍のようにつもりかたまったものです。膨大な歴史と自然から与えられた美の情景を、筝の音を重ねることで表現できるよう、心を合わせて演奏しました。また、開催地となった射水市は、島根県同様、古事記や万葉集とかかわりの深いところで、歴史的なつながりを感じながら演奏することができました。

soukyoku2.JPG

 

 

 

 

 

 

 

心温かく出迎え、大会を支えてくださった実行委員会の皆さんありがとうございました。 

 


footer画像