荒瀬克己元堀川高校校長先生をお迎えしました(教職員研修)

 

7月20日(金)、教職員研修の講師として『奇跡と呼ばれた学校』の著者で、元京都府立堀川高等学校校長、現京都市教育委員会教育企画監の荒瀬克己先生をお招きしました。この研修は、探究型学習に力を入れている本校図書部が企画したもので、探究型学習を行う意図や学校全体に与える効果などについて実践例をもとにお話しいただきました。

当日は島根県教育委員会や他校からも多くの先生方がお越しになり、荒瀬先生の情熱あふれる、時にユーモアを交えたお話に耳を傾けました。

 

堀川高校の今年度のシラバス(授業計画や内容の概略を示したもの)にはこうあります。

「すべては君の「知りたい」から始まる」

(ちなみに今春の堀川高校の進学実績は、京大62名(うち浪人21名)だったそうです)

H24tankyuugatakouenn01.JPG H24tankyuugatakouenn02.JPG

研修の様子(視聴覚教室)

H24tankyuugatakouenn03.JPG

右から2人目が荒瀬克己先生(研修後校長室にて)


footer画像