キャリア教育講演会

6月22日(金)、「総合的な学習の時間」の一環として、キャリア教育講演会が開催されました。

望ましい職業観・勤労観の育成を目的に、田中 均 島根大学教授(入試センター副センター長)をお迎えし、各学年に対し少しずつ視点を変えてご講演をいただきました。

受験を控えた3年生に対しては、

① アナログ人間だっていいじゃないか

② ふられるものはふられる理由が分からない

③ ダメ人間こそ逆襲の可能性が高い

④ あなどってはいけない

⑤ 書きまくれ!

の5つを軸に、「なぜ大学に行くのか?」についてご自身の様々なエピソードを交えてお話しいただきました。

以下は生徒の感想(抜粋)です。

「大学のイメージが少しできた。受験勉強に真剣に取り組みたい。」「大きな目標の達成のためには、小さい目標を一つずつ達成していくことが大事だとわかった。」「(知らない間に自分で止めてしまう)目覚ましの話は共感しすぎて悲しくなりました」「大学は自分が大人になれるところを選べ、と言われたので、そういう大学に行って大人になりたいと思った。」

H24careerkouenkai6tuki01.JPG H24careerkouenkai02.JPG

「私の持っている携帯電話は・・・から始まり、様々なエピソードをご紹介いただきました」


footer画像