教育実習生も頑張っています!

今年度、松江南高校では6名の卒業生が教育実習を行っています。期間は2週間~3週間とさまざまですが、生徒にとっても同じ学舎で学んだ先輩として、勉強面のみならず、多くの面で刺激を受けているようです。

6月14日(木)には、各学年対象に「先輩と語る会」が開催され、勉強方法や日々の過ごし方、高校生である今大切なことなどについて、先輩から直接話を聞くことができました。以下は、生徒の感想の一部です。

「自分たちの「先輩」であるぶん、身近でためになる話が多くあった」「大学についての話は普段あまり聞くことができないので、今回話を聞くことができて、大学について今まで以上に考えるいい機会になった」「今日の先輩の話を聞いて、もっと勉強頑張ろうと思いました。やっぱり必要なのは努力なんだなと思いました」「どの先輩方も高校生の時期が一番大事だと言われていたので、今を大切にしたいと思いました」「進路選択の視野が広がったような気がした」「どの先輩方も自分の道をつき進んでいて頑張っていて、すごく輝いて見えました。先輩の話はすごく貴重なものだから、素直に言われたことを実行していこうと思います」

実習は6月18日(月)までです。15日(金)、18日(月)は実習生による公開授業が予定されており、実習生にとっては最後の追い込みの日々となっています。

 

H24jissyuusei01.JPG H24jissyuusei02.JPG

6名の教育実習生による講話。エネルギッシュに話してくれました。

H24jissyuusei03.JPG

メモをとりながら話を聞きました。

 


footer画像