テニス新人戦中国大会(個人の部)結果

11月19日(土)・20日(日)に、宇部マテ“フレッセラ”テニスコート(山口県宇部市)で、標記の大会が開催されました。先に行われた島根県予選の結果、惜しくも団体戦での出場を逃した南高男女テニス部は、個人戦での出場となりました。

まず男子の結果ですが、ダブルスで勝部・山根ペアが出場し岡山県代表ペアと対戦しましたが、ゲームカウント2-6で無念の初戦敗退となりました。

続いて女子は、竹下・三島ペアが岡山県代表ペアに2-6で初戦敗退。シングルスでは、東が山口の選手と、森藤が鳥取の選手と対戦しましたが、いずれも初戦敗退。1年の三島は1回戦鳥取の選手に6-3で勝利しましたが、続く2回戦で広島の選手に1-6で敗れました。

今回の中国大会でも山陽勢を中心とする強豪選手との力の差を感じる大会となりました。今年度の大会も来月の学年別大会を残すのみとなりましたが、この冬場も個々の目標をしっかり持って練習に励みたいと思います。これからも男女テニス部の活躍にご声援をお願いします。

 

 

 


footer画像