創立50周年記念式典を控えて―教頭だより―

 

教頭 才木 雅伸

 明日行われる松江南高校創立50周年記念式典を前に、予行練習に生徒全員が一堂に集まりました。私は生徒に次のことを話しました。

  「 明日、11月5日に創立50周年記念式典を行います。私たちは3年前からこの日のために準備をしてきました。
明日の式典は、私たち生徒・教職員が50周年を1つの節目とし、次の新たな南高の飛躍を目指すものとしています。明日の式典には、保護者、卒業生の方だけでなく、県議会議員、島根県や松江市の教育委員会教育長、県下の高等学校・中学校の校長先生をはじめ、かつて本校に勤められた先生方など数多くの方々が臨席されます。
  現在本校に在籍している私たち生徒・教職員一同は、凛とした態度、そして力強い挨拶と校歌斉唱など、こうした1つ1つの態度や行動をとってほしいと望みます。こうした態度・行動をとれば、11月5日は単に記念式典が行われた日としてではなく、次の50年の南高の飛躍をめざし、新たな南高をつくる第一歩を踏むのだという私たちの確固たる決意を示した日として南高の歴史に記憶される一日になると確信しています。
  各クラスに配布された「朱雀」のイラストをスクールシンボルとしました。「朱雀」は古代中国における4つの守り神の1つで、南の守り神とされています。松江の南に立地する南高の守護神として「朱雀」をスクールシンボルとしました。天空に飛ぶ「朱雀」の姿に、新たな50年に向けて、校訓にある「創造進取」のもと羽ばたく南高を重ね合わせ、「朱雀」の朱色に、校歌の中の「真理を求めて想を練る」「剛健の体を培う」といった思いを込めています。
  どうか生徒の皆さんは一丸となって、こうした思いすべてを心にもち、明日の日が、11月5日が、将来のいつか「この日そしてこの矢の原台上から南高の新しい時代が始まったのだ」といわれる1日にしてほしいと望みます。」

  私たち松江南高校の生徒・教職員一同は、明日をこうした思いで迎え、臨みます。今後とも本校へのご支援・ご鞭撻をいただきますようお願いいたします。


footer画像