野球部秋季大会でベスト4進出!

野球部が9/24・25両日に開催された、県秋季二次大会で大東・安来を連覇し、ベスト4に進出しました。

9/24(土)浜山野球場で行われた3回戦では、甲子園常連校の開星を2回戦で破った大東と対戦しました。
1回裏1番佐藤旭がヒットで出塁、送りバントなどで、二死三塁とチャンスを迎え、相手パスボールで先制点をとりました。

先発の安達大は立ち上がりからよく抑えましたが、、5回表に相手に1点を奪われ同点とされました。

しかしその裏、7番山本がセンター前ヒットで出塁、バントで二死二塁から1番佐藤のライト前ヒットと相手エラーで再び2-1とリードします。

続く7回裏、7番山本のヒット、盗塁、8番本常四球、盗塁などで一死二三塁のチャンスに、9番石倉のスクイズが相手のフィルダースチョイスを誘い、3-1と加点しました。

6回以降はリリーフの永瀬がしっかりと抑え、3-1で勝利しました。

 

続く25日には準々決勝が同じ浜山野球場で行われ、 3回戦で昨年度優勝校の松江商を撃破した安来と対戦しました。

先発の安達大はコースを突く投球で走者を出しながらも粘り強く3回まで抑えました。4回表にミスがらみでピンチになったところで永瀬に交代し、ピンチを抑えました。

攻撃陣は5回裏に8番本常が相手エラーで出塁、9番石倉の犠打、1番佐藤が四球と、一死一二塁のチャンスを迎えました、
そこでベンチの指示で2番宇津宮がバントエンドランを見事に決め、二塁走者本常が一気に生還し先取点を挙げました。

続く6回裏4番近藤がライト前ヒット(これがチーム初ヒットでした)、続く5番足立龍が送りバントを決め、6番縄田がライト線のスリーベースを放ち、近藤生還して、2-0とリードしました。

その後は毎回のようにピンチを迎えますが、要所要所で永瀬がよく抑え、2-0で見事に準決勝への切符を勝ち取りました。

 

3次大会は10/1(土)12:30から準決勝、2(日)10:00から3位決定戦、12:30から決勝戦が、松江市営野球場で行われます。3位までに入りますと秋季中国大会に島根県代表として参加することになります。

皆様方の応援をお願いします。


footer画像