WEB矢の原新聞『ふくしま総文に行ってきました(1)』

こんにちは。新聞部です。僕たちは現在、福島県会津若松市にて、ふくしま総文に参加しています。

震災の影響を心配していたのですが、会津若松市では直接目に見える形で「震災」という感じはありませんでした。が、あとで聞いた話で、他地区で被災された方々のための仮設住宅が市内に作られていたりであるとか、市内の旅館に被災された方々が多く滞在しておられるであるとかを知りました。

福島県内の高校生も何千人も違う高校へ移っていたり、依然、大変な状況は続いているようです。そんな中で、開催しようとしているふくしま総文。その熱意と努力には、只々頭が下がる思いです。

今回はそのふくしま総文新聞部門の初日の模様をお知らせします。

-----------------------------------------------------------------------------

会津若松駅に降り立った僕たちを待っていたのは、赤べこと会津藩士でした。

IMG_0004_soubun.JPG

IMG_0005_soubun.JPG

新聞部門の会場は会津大学です。今日は生徒交流会、顧問会議、編集会議が開かれました。明日はこの班で取材活動に出かけ、交流新聞を作ります。

取材コースは5つ。「会津歴史探訪コース」「町並みと伝統産業コース」「会津武士道と白虎隊コース」「『蔵とラーメンの町』喜多方コース」「野口英世の生家と猪苗代湖コース」です。

明日は実際の取材の様子をお知らせします。お楽しみに!

IMG_0006_soubun.JPGIMG_0013_soubun.JPGIMG_0021_soubun.JPGIMG_0023_soubun.JPG

(左上から時計回りに会場の会津大学、生徒交流会、南高の新聞展示、編集会議です)


footer画像