卓球全日本選手権県予選で青戸・亀井ペアがベスト16

10/31・11/1の両日に、全日本卓球選手権島根県予選が松江総合体育館で開催されました。
小学生から大学生、社会人が参加し、東京で一月に行われる全日本選手権の切符を争いました。

南高では、男子ダブルスに出場した青戸(2年)・亀井(1年)ペアが4回戦で大学生ペアに2-3で惜敗し、ベスト16となったのが最高成績でした。相手ペアはこのオープン大会でその後ベスト4まで勝ち進みましたので、青戸・亀井ペアの今後が期待されます。

写真は3回戦のものです。連続写真でご紹介します。

ttsensyuken01.JPGttsensyuken02.JPG

 ttsensyuken03.JPGttsensyuken04.JPG

ttsensyuken05.JPG


footer画像