後期総体の一コマ③―男子卓球1・2年が3年をよく後押し―

 男子卓球団体戦は、1・2回戦を快勝し、準々決勝で1-3で松徳学院校に敗退しベスト8になった。
いつのまにかベスト4はすべて私立高校となり、他の準々決勝はすべて3-0のストレートスコアだったが、南高は第1シングルスで青戸が、両校エース対決に勝利し、一矢を報いた。

県内トップチームのレギュラーに劣らない実力を持つ、2年サウスポー青戸が中核。それに中学県レベルで抜群の結果を残した新鋭1年の亀井と、3年深田・岸本という全学年の力を結集した団体メンバーで、よく自分たちの力を発揮した。

私立高校の壁が厚い卓球という種目で、来季青戸・亀井を中核にどれだけ南高チームがレベルアップできるか、という期待を持たせた大会だった。

PINGPONG01.JPGPINGPONG02.JPG

 

 PINGPONG031.JPGPINGPONG041[1].jpg

PINGPONG05[1].jpgPINGPONG06[1].jpg

 

PINGPONG08[1].jpg

 

 

 


 


footer画像