後期総体の一コマ②―柔道の雛鳥たち―

柔道全体の参加者が、全国・県ともに減少している中、南高は今年1・2年生のみ、6名の選手が総体に参加しました。

団体戦は男女とも一回戦で完敗。個人戦では、男子2年の小林が60Kg級でベスト8に入ったのが随一の結果でした。

しかし顧問の、シルバーコレクター?花本先生(島根国体成年準優勝 大将・H20全日本形競技五つの形準優勝)のもとに徐々に部員が集まり、頑張っています。

まだまだ実力不足の雛鳥たちですが、その健闘する姿を写真で紹介します。

【1年伊達の重量級で苦闘する姿】

judo01.JPG

【1年梶の嬉しい技あり勝利】

judo03.JPGjudo04.JPG

【2年小林の苦しみながらの一本背負い効果での勝利】

judo05.JPGjudo006.JPG


footer画像