サッカー部が県新人大会でベスト4に進出!

平成20年度島根県高等学校サッカー新人大会2次予選が本日から益田市で開催されています。

南高は午前10時から、出雲高校と準々決勝を戦いました。
4-5-1の布陣で、まず前半コーナーキックからのこぼれ球に、ワントップ(FW)の寺戸が素早く反応し、先取点を挙げました。その後、出雲がクロスをヘディングに合わせて同点に追いつかれます。

しかし、ボランチ(MF)の竹花がペナルティエリア付近でシュートを打ち、それがディフェンダーに当たりコースが変わって幸運な一点を追加します。

さらに攻撃を続け、トップ下(MF)の山崎啓がサイドからドライブのかかったシュートを決め、3-1と引き離します。

後半、右サイドハーフの神田がサイドを突破し、ペナルティエリアで相手の反則を受けて、PKを得ます。山崎啓がこれを決め、相手の後半の反撃も1点に抑え、4-2で強豪出雲に勝利しました。

準決勝は明日午前10時より、益田市の県立サッカー場で行われます。

 


footer画像