南高オープンキャンパス(高校説明会)を開催しました

 8月19日(火)・20日(水)の二日間にわたって、南高で中学三年生を対象としたオープンキャンパス(高校説明会)を開催しました。6月から7月にかけて近隣の各中学校を訪問し、短時間の学校説明をさせていただきました。それに続く第二弾の学校説明会を南高で約三時間をかけて開催しました。
 夏休みの暑い中を、一日目243名、二日目260名、計29中学校、503名の中学三年生諸君が参加してくださいました。昨年より100名近く参加者が増えました。本当にありがとうございました。
 近隣の、湖南中・松江四中・東出雲中・湖東中などから多数の参加者を送って頂きました。さらに、県内東部からは安来一中・二中・三中など、南部からは掛合中・頓原中・伯太中など、西部石見からは、羽須美中・益田中、そして隠岐中村中から、と県内多方面からわざわざ参観していただきました。改めて感謝申し上げます。今後もより魅力的な高校説明会を実施するよう、努力したいと思っております。

  9:30より南高記念館ホールで約一時間、DVD上映を交えて、南高の生活全般について説明をしました。普通科・理数科の高校に入学することが、本人の人生にどういう意味があるのか、ということを中心に説明しました。
 「普通高校とは、生涯のものの学び方を学習し、自分のあるべき生き方を学ぶところです。そして学習に苦闘して自分に自信をつける場所です。さらに学業とともに様々な学校行事・部活動・クラス活動などで、友人とともに笑い、泣き、励まし合って、南高生は成長していきます」といったメッセージを送りました。
 その後、約20分の校内施設見学をしました。PTAの協力による「普通教室全室冷房」を始めとして、充実した学校環境であること。そしてバリア・フリーが各所に実施されていることを説明しました。
 その後、6講座(国語・社会・数学・理科・英語・進路学習)の参加型授業(40分)を各参加者の希望に沿って、全員に受講していただきました。
 以下の写真は一日目の参加型授業のスナップです。

 【下の二枚は、コンピューター教室での「進路学習」講座です。今回の高校説明会全体の担当者である、柳浦教諭の講座です。一日目のアンケート感想に即応し、二日目は学習内容を若干変更し、参加者のニーズに対応しようと工夫しました】

 

sinro2.JPG sinro1.JPG

 【社会科に関する高校の授業を説明するのは、岡教諭です。(二日目は篠原教諭)社会科学はたいそう広範囲にわたる学問です。】

 shakai1.JPG

  【国語は森教諭(二日目は作野教諭)が古文の伊勢物語を題材に授業を展開しました。伊勢物語は「懸命な愛」の世界です。】

 kokugo1.JPG

 【数学は「規則性の発見」というテーマで、クイズ形式の導入でした。「数列」という分野の基礎を考える授業です。竹縄教諭(二日目は勝部教諭)が実施しました。】

 

 suugaku1.JPG

【英語は岩成教諭とAETのポール先生のオーラル・コミュニケーションでした。ポール先生がハイテンションで盛り上げ、歓声に包まれた教室となりました。みなさん、グッドジョブでした!】

 

 

eigo1.JPG

eigo3.JPGeigo2.JPG

 【理科は生物の廣田教諭の、地球環境問題を扱ったスケールの大きな授業です。二日間で141名が受講しました。廣田教諭は今回の高校説明会のDVD制作の担当者です】

 

rika1.JPG rika2.JPG

  【模擬授業を終えて記念館ホールに帰る皆さんです。少し南高の環境に慣れた雰囲気でした。授業はどう感じたでしょうか?】

 idou.JPG

 11:50からは再び記念館ホールで、在校生4名による、南高についての説明、そしてDVDによる南高部活動紹介、というプログラムで、12:30頃に終了となりました。

  【各部の部活動風景ビデオや総体のスライドを真剣に見る参加者の姿ー写真はバドミントン部と水泳部】

 

bukatsu2.JPG bukatsu1.JPG

 

 

 


footer画像