校内風景~ユリの種子~

ホーム

お知らせ

校内風景~ユリの種子~

種子の成熟を待つ

令和元年10月 7日

 3年棟横の植え込みで今年も8月にシンテッポウユリが白い花を咲かせていました。(球根性なので毎年同じ場所に咲きます →過去の紹介記事はコチラから 
 花の時期が終わって1ヶ月以上経った現在は、種子を成熟させる時期に入っています。
 長細い果実の中は6室に分かれていて、1つ1つの部屋の中に沢山の種子がぎっしり詰まっています。
 種子が熟しサヤが乾燥して茶色に変色する11月頃から種子の飛散が始まります。

 8月の開花期の様子を合わせて紹介します。

DSC04378

花期の様子(8月21日)

DSC04374

球根性なので

DSC04371

毎年同じ場所で花を咲かせます

DSCN3417

現在の様子(10月7日)

DSCN3401

この場所には2本

DSCN3420

4輪の花が咲いたので
4つの果実が付いています