1年理数科校外研修~島根半島の地質調査~

ホーム

南高ギャラリー

学校行事

1年理数科校外研修~島根半島の地質調査~

島根半島の地質調査

平成30年10月22日(月)~23日(火)

1年生理数科の生徒が、3日間の日程で校外研修を行いました。

22日(月)は南高で島根半島の地質について事前学習を行った後、島根大学に移動し、総合理工学部の入月先生と大平先生の講義を受けました。

島根半島の成り立ちと化石、ジオパーク、桂島など多岐に渡る専門的な内容を分かりやすく解説いただきました。

帰りには6月にオープンしたばかりの島根大学ミュージアムの見学もさせていただき、23日からの実習に向けて予備知識を習得しました。

23日(火)は朝から島根半島・宍道湖中海ジオパークのビジターセンターを訪れました。

入月先生と大平先生には再びご指導をいただき、センター内の展示物を見学したり、遊歩道を散策したりしながら、めのうの生成の仕方や断層のでき方を勉強しました。

今年はビジターセンターから出航している遊覧船に乗って、近くの桂島に渡り、柱状節理や大きなめのうの観察を行いました。

午後からは学校に戻り、2日間の活動内容をまとめるポスター作成を行いました。

どの班も積極的に実習に取り組み、できあがるポスターを使った発表を楽しみにしているところです。

 

1

図書館での事前学習

2

大平先生の講義

3

島根大学ミュージアム

4

松江ビジターセンター

5

遊覧船に乗って桂島へ

6

壁いっぱいにめのう発見(桂島)

7

柱状節理

8

日本海をバックに記念撮影

9

ポスター作成

 

  >