校内風景~クロガネモチ~

ホーム

お知らせ

校内風景~クロガネモチ~

たくさんの実

平成29年10月16日

 1年棟と記念館を繋ぐ通路横に植えられている木はクロガネモチです。
 たくさん付いている実は、冬に向けて色付きつつあります。

 クロガネモチは関東地方を北限とする在来種です。
 常緑で冬期に鮮やかな赤い実を付けることと、クロガネモチの名が「苦労なく金持ち」に通ずることから縁起木として人気があります。
 元々、寒さにあまり強くないため、常緑とはいえ寒すぎると冬期に葉を全部落として実だけになってしまう事があります。庭木として植える場合は、土地の風土に合っているか注意が必要です。
 クロガネモチは雌雄異株で、赤い実をつけるのは雌株だけです。雄株にも花は咲きますが実は付きません。たくさんの実がついている校内のこの木は雌株ということです。

 今後、冬に向かい、実の赤色が一層鮮やかになるのが楽しみな木です。

 クロガネモチを紹介します。

DSC_0002

石碑の後ろ

DSC_0003

これから色付く実

 

 

 

 

   

 

  >