校内風景~セミの抜け殻~

ホーム

お知らせ

校内風景~セミの抜け殻~

抜け殻

平成29年 8月 4日

 先日、だんだん広場の木に集まったセミについて紹介しました(記事はコチラ)。
 その時、葉の先にセミの抜け殻もあることに気が付きました。しかも1つだけでなく3つもありました。
 地中で幼虫期を過ごしたセミが、羽化するために這い出た穴の近くの樹木に上るのは有名です。(幼虫期間についての記事はコチラ
 穴から出たばかりの幼虫が、四方を壁に囲まれ、かつ何段もの階段があるこの広場に、遠くから歩いてきたとは考えにくいので、木の根元半径1メートル程、ほんの少ない面積の土壌部分が発生源と推測されます。
 だんだん広場は、木の根元以外は全てブロックタイルに覆われ、毎日生徒たちが行き交う特殊な環境と思いますが、この小さなスペースの土の中で何年もの幼虫期を過ごした個体の抜け殻かと想像すると、昆虫は逞しいなぁと思わずにはいられません。

 セミの抜け殻を紹介します。

DSC_0048

幼虫が出てきたと思われるのは
木の根元の小さなスペース

DSC_0026

抜け殻を見つけました

DSC_0013
同じ枝に2つの抜け殻が
   

 

  >