校内風景~アベリア~

ホーム

お知らせ

校内風景~アベリア~

ピンク色の花

平成28年 6月22日

 1年棟裏とだんだん広場にアベリアと呼ばれる植物が植えられています。いくつかのアベリア属の交配で生まれた園芸品種です。
 日本では、花の形が羽根突き遊び(衝羽根)の羽根の形に似ていることからハナゾノツクバネウツギ(花園衝羽根空木)とも呼ばれます。
 一般的には白い花の品種を多く見かけますが、校内のものはピンク色の花を咲かせる品種です。
 刈込や排ガスにも強い丈夫な性質で、枝先に咲く漏斗形の花は初夏~秋までの長い間咲き続ける事から、生垣として普及しています。
 

DSC02220

漏斗型の花 アベリア

DSC02212

1年棟裏の植込み

DSC02225

ピンクの花を咲かせる品種

   

 

  >