お知らせ

ホーム

お知らせ

最新のお知らせ

食堂よりお知らせ~23日(金)は営業します~

営業のお知らせ

平成30年11月22日

 食堂は、明日(23日・出校日)も営業します。
 ご利用ください。

ICT機器が整備されました

授業で活用します

平成30年11月22日

 各クラス教室に、超短焦点壁掛け型のプロジェクターとタブレット端末、電子ペンなどのセットが新たに整備され、10月27日から運用が開始されました。
 実物投影機・一部備品は先に整備した物を引き続き使用します。
 これまで専用のプロジェクターがなかった特別教室(実習室や講義室など)には、短焦点のポータブルプロジェクターが順次配置される計画です。

 授業の内容に合わせて、これらの機器を効果的に活用してまいります。

DSC_0126

DSC_0121

壁掛け型プロジェクター

DSC_0002

全てのクラスに1台ずつ専用のタブレット端末が用意されています
(充電しながら収納できる専用保管庫)

 

青雲寮~備品充実~

グラファイトヒーター購入

平成30年11月12日

寮では今年度、備品の整備に力を入れています。

先日、各自習室(個室)にグラファイトヒーターを設置しました。

自習室の暖房についてこれまでは各寮生が自身で暖房器具を用意しなければなりませんでした。 

コンパクトですぐ暖かくなるグラファイトヒーターを購入したことにより冬場も快適に学習できます。

DSC03142
DSC03136 DSC03138

 

またグラファイトヒーター以外に玄関の靴箱、傘立て、食堂の丸イスを新調しました。

DSC03144
DSC03143 - コピー DSC03141 - コピー

 

今後も備品の整備に力を入れていきたいと思います。

「県立高校魅力化ビジョン」(案)にかかる地域別広聴会について

地域別広聴会について

平成30年11月7日

 「県立高校魅力化ビジョン」(案)にかかる地域別広聴会についてご案内します。
 事前申し込みは不要です。

 詳細は →コチラ(pdf) からご覧下さい。
 「県立高校魅力化ビジョン」(案)は、島根県教育委員会のホームページに掲載されています。

校内風景~八重桜~

今年は大丈夫

平成30年10月23日

 昨年のこの時期、食害で葉を全部食べられてしまった(昨年の紹介記事は →コチラ)食堂横の八重桜は、今年は葉が食べたれることもなく、順調に紅葉しています。

 様子を紹介します。

 

DSC_0028

中央の1本が昨年食害にあった八重桜

DSC_0082

今年は食害にあいませんでした

DSC_0081

順調に紅葉しています

   

 

校内風景~紅葉始まる~

秋が深まる

平成30年10月25日

 秋の深まりと共に、校内の木々も紅葉(黄葉)し始めました。

DSC_0104 DSC_0044

DSC_0115

1週間前
一部で紅葉が始まる

DSC_0041

10月25日
全体が色付き始めています

   

 

校内風景~ジョロウグモ~

メスが大きく

平成30年10月23日

 今年もジョロウグモの巣とメスが目立ちはじめる時期になりました。(過去の紹介記事は →コチラ
 今日は記念館前の植え込みに大きな巣を張っているメスを見つけました。
 観察してみたところ、今のところオスはまだ同居していませんでした。
 メスのサイズ的には、まだまだ成長途中のようです。今後、より一層大きくなりそうです。

 様子を紹介します。

DSC_0084 DSC_0086
   
   

 

授業紹介~1年生・生物実習~

分裂期の細胞を観察

平成30年10月22~25日

 現在、1年生の生物では分裂期の細胞を顕微鏡で観察する実習をしています。
 ニンニクの根の先(細胞分裂が盛んに行われている)を材料に、プレパラートを自分で作り、分裂期の細胞を見つけ、核と染色体の様子をスケッチしました。

 実習の様子を紹介します。

DSC_0042 (2)

体細胞分裂の観察実習

DSC_0048

プレパラート作り

DSC_0060 (2)

押しつぶし操作

DSC_0077

顕微鏡は一人一台使います

DSC04867

生徒の作ったプレパラート
分裂期の細胞が沢山確認できました

DSC_0065

染色体の様子をスケッチ

   
   
   

 

校内風景~イヌタデ~

桃色の粒

平成30年10月23日

 ひかりの広場のベンチ脇に、刈り残されたイヌタデがありました。
 ピンクの粒一つ一つが一つの花・種子です。
 開花後もピンク萼(ガク)がそのまま残るため、花が咲き続けているように見えますが、実際は粒の中には黒い種子が出来ていたりします。

 「蓼食う虫も好きずき」の諺の蓼(タデ)は、イヌタデの仲間で葉や種子に辛みがあり葉が薬味に使われるヤナギタデのことです。

 様子を紹介します。

DSC_0106

ベンチの際に残った一株

DSC_0113

ピンク色の粒 中に黒い種子

   

 

校内風景~ススキ~

秋を感じる

平成30年10月23日

 テニスコート周辺の斜面一面にススキが広がっています。
 ススキの白い穂を見ると、秋を感じる人も多い植物です。
 ススキが一面広がる光景に「自然」を感じる人も多いかと思いますが、実際にススキ野を維持するには、年に数回、人間により草刈りが行われ人間の手が入っていないと、その光景は維持されません。ススキ野を見たら、あぁ、ここにも人の営みがある、と感じるのが正解です。
 記念館裏の斜面は毎年この時期一面ススキに覆わますが、この状態は、毎年初夏や晩秋に草刈りをして手入れがなされているからこその光景です。

 様子を紹介します。

DSC_0058

秋を感じさせるススキ

DSC_0078

一面のススキは
人の手が入っている証拠

DSC_0060

株で成長するのが
ススキの特徴

   

 

授業紹介~3年生体育~

ソフトボール

平成30年10月25日

 3年生女子の体育でソフトボールをしています。
 授業のはじめに、ペアでキャッチボールをして肩を慣らした後、試合の練習をしていました。

 様子を紹介します。

DSC_0035

体育の授業

DSC_0034

ソフトボール

   
   

 

校内風景~セイタカアワダチソウ~

群生

平成30年10月23日

 今年もセイタカアワダチソウ(過去の紹介記事はコチラ)が開花しはじめました。
 ほんの数十年前であればススキが群生していたような場所に、外来種として侵入し、現在は秋になるとセイタカアワダチソウの花で一面黄色に、という時代となりました。

DSC_0049

セイタカアワダチソウ
本来は日本にはなかった外来種

DSC_0053

現在は群生するほど繁殖

DSC_0052

花粉が多いため
秋の花粉症の原因の一つに挙げられます

   

 

3 / 9512345102030