お知らせ

ホーム

お知らせ

最新のお知らせ

部活動強化期間になりました

部活動強化期間

平成30年 5月18日~6月 3日

 5月18日~6月3日の間は部活動強化期間です。
 6限終了後は各部活動で集中して練習に取り組んでいます。
 運動部は総体に向けて、文化部はコンクールや発表会に向けて活動しています。

 がんばる生徒たちの様子を紹介します。

DSC_0177

テニスコート

DSC_0220

男子テニス部

DSC_0114

女子テニス部

DSC_0176

演劇部 発声練習中

DSC_0170

演劇部

DSC_0197

ハンドボール部

DSC_0111

坂を使ってトレーニング

DSC_0180

野球部

DSC_0201

DSC_0202

サッカー部

DSC_0103

第一体育館

DSC_0105

バスケットボール部

DSC_0096

第二体育館

DSC_0091

バドミントン部 フットワーク練習

DSC_0192

写真部
1年生にカメラの使い方を教えています

DSC_0156

作品を撮影中

DSC_0187

美術部

DSC_0109

美術室にて

DSC_0095

吹奏楽部

DSC_0106

吹奏楽部

DSC_0172

ソフトテニス部

DSC_0108

卓球部

   

 

集合写真を撮影しました(3年生)

卒業アルバム用

平成30年 5月22日

 3年生と教職員が「だんだん広場」で卒業アルバム用の集合写真を撮影しました。
 写真館さんの合図に生徒たちは笑顔で応えていました。

 3年生の皆さんは、卒業に向かう1日1日を大切に過ごして下さいね。

DSC_0162

卒業アルバム用集合写真を撮影

 

校内風景~ニワゼキショウ~

星形の花

平成30年 5月22日

 今年も校内の草地でニワゼキショウが花を咲かせはじめました。(過去の紹介記事・見分け方の説明は → コチラから
 花は小さいですが、近くで見ると星型でかわいらしいです。

 ニワゼキショウの様子を紹介します。

DSC_0041

ひかりの広場に群落形成

DSC_0045

ニワゼキショウ
星形の花がかわいらしい

 

書道部 部活動紹介ページを更新しました

更新しました

平成30年 5月22日

部活動紹介ページを更新しました。
→ 書道部  コチラからもご覧頂けます。

バドミントン部 部活動紹介ページを更新しました

更新しました

平成30年 5月22日

部活動紹介ページを更新しました。

→ バドミントン部  コチラからもご覧頂けます。

ハンドボール部 部活動紹介ページを更新しました

更新しました

平成30年 5月22日

部活動紹介ページを更新しました。

→ ハンドボール部  コチラからもご覧頂けます。

昼休みの様子~今日は天気が良かったので~

昼休み

平成30年 5月21日

 今日は爽やかな風が吹き天気が良かったので、中庭や広場で昼食を摂る生徒たちの姿が見られました。もちろん食堂も人気です。
 入学して1ヶ月ちょっと経た1年生も、学校生活にも慣れてきたようで、友達と思い思いの場所で昼食をとっています。

 昼休みの様子を紹介します。

DSC_0158

昼休みの様子

DSC_0161

天気が良いので

DSC_0159

中庭で昼食を

DSC_0149

だんだん広場の木陰も人気

DSC_0142

1年生も

DSC_0155

広場で昼食

DSC_0166

もちろん食堂も人気です

DSC_0167

おいしいです

DSC_0169

友達と一緒に

 

卓球部・陸上競技部 部活動紹介ページを更新しました

更新しました

平成30年 5月21日

 部活動紹介ページを更新しました。

 → 卓球部 ・ → 陸上競技部  コチラからもご覧頂けます。

校内風景~オオコバンソウ~

今年も勢力拡大中

平成30年 5月17日

 今年もオオコバンソウ(過去の紹介記事はコチラ)が、穂を出す時期になり目立ちはじめました。
 教室棟周辺の草地でも群落形成していますが、グラウンド周辺でも道路際に沿ってかなりの個体数が見らます。

 オオコバンソウの様子を紹介します。

DSC02226

 

DSC02230

名前の由来はこの小穂の形

 

校内風景~アメリカフウロ~

不思議な形

平成30年 5月17日

 ちょっと変わった形の種子を付けている植物を見つけました。
 葉の形や種の特徴からアメリカフウロと同定しました。

 アメリカフウロは北アメリカ原産の帰化植物で、5深裂さらに細裂する円形の葉の縁が赤紫色であるのが特徴です。現在は花期を終え、葉全体が紅葉していました。もう少し時期が早ければ、ピンク色の花を観察できたと思いますが、現在は全て種子になっていました。

 この種子の構造が特徴的で、長く尖った花柱の根元に5個の種子が包まれており、種子が熟すと、花柱が下から裂けて外にくるりと巻き上がり、自ら種子を周囲にはじき飛ばす自動散布をします。

 アメリカフウロを紹介します。

DSC02210

アメリカフウロ

DSC02209

種子を自動散布する特徴的な構造

 

1年PTA進路講演会

進路講演会

平成30年 5月19日

 本日、1年生の保護者を対象とした進路講演会を開催しました。

参加してくださった約200名の保護者様におかれましては、お忙しい中、お越しいただき誠にありがとうございました。

講演内容としましては、【高1からすべきこと】【最新大学入試情報】【保護者としての心構え】でした。

是非とも、教職員&保護者による【チーム南高】で生徒の進路をよりよいものにしていきましょう。

また、秋に第2回の進路講演会を予定しております。

今回諸事情により参加できなかったという保護者様におかれましても、

次回の参加を心よりお待ちしております。

 

IMG_4371IMG_4366IMG_4367

校内風景~ヘラオオバコとオオバコ~

帰化植物

平成30年 5月17日

 グラウンド横道路脇で花茎を伸ばしはじめているのは、ヘラオオバコです。
 日本の在来種オオバコ同様、葉の葉脈(維管束)に特徴があり、双子葉植物なのに平行状の葉脈を持っています。(在来種オオバコの過去の紹介記事はコチラ

 ヘラオオバコの葉は立ち上がり、花茎の高さは30~70センチにもなり在来種のオオバコに比べるとかなり大型です(オオバコの葉は立ち上がらず、葉は大きくても10センチ程度)。
 ヘラオオバコもオオバコも、どちらも植物全体の中では踏みつけに強い特徴があり、踏まれたときに種子を相手にくっつけて運んで貰うことから、道端や人の往来がある場所でよく見られます。
 しかし、オオバコは草丈を低くして、より踏みつけに耐える戦略をとっているため、周囲を他の植物に囲まれる場所では生育できません。その点、ヘラオオバコは葉を立ち上がらせているので、踏みつけのある道端~植物群落の内側まで、苅込のある草地であれば割と広い範囲で繁殖します。
 今回撮影したヘラオオバコも道のすぐ際~多少草に囲まれた内側でも確認できました。

 ヘラオオバコとオオバコを紹介します。

DSC02221

ヘラオオバコ

DSC02225

ヘラの様に細長い葉が名前の由来
オオバコ同様、平行状の葉脈が特徴

 

DSC02223

葉は立ち上がる

DSC02233

オオバコ

DSC02232

他の植物が生育できない位、踏みつけの強い
生存環境を選択する
ニッチ(生態的地位)の特徴がよく出ている場所

 

10 / 9589101112203040