お知らせ

ホーム

お知らせ

最新のお知らせ

校内風景~クロガネモチ~

たくさんの実

平成29年10月16日

 1年棟と記念館を繋ぐ通路横に植えられている木はクロガネモチです。
 たくさん付いている実は、冬に向けて色付きつつあります。

 クロガネモチは関東地方を北限とする在来種です。
 常緑で冬期に鮮やかな赤い実を付けることと、クロガネモチの名が「苦労なく金持ち」に通ずることから縁起木として人気があります。
 元々、寒さにあまり強くないため、常緑とはいえ寒すぎると冬期に葉を全部落として実だけになってしまう事があります。庭木として植える場合は、土地の風土に合っているか注意が必要です。
 クロガネモチは雌雄異株で、赤い実をつけるのは雌株だけです。雄株にも花は咲きますが実は付きません。たくさんの実がついている校内のこの木は雌株ということです。

 今後、冬に向かい、実の赤色が一層鮮やかになるのが楽しみな木です。

 クロガネモチを紹介します。

DSC_0002

石碑の後ろ

DSC_0003

これから色付く実

 

 

 

 

   

 

校内風景~メリケンカルカヤ~

群落形成

平成29年10月11日

 現在、テニスコート横斜面で一大群落を形成しているのはメリケンカルカヤです。
 イネ科植物で、北アメリカ原産の外来種です。日当たりの良い場所を好み、秋になると白い綿毛のついた種子を形成しはじめます。

 メリケンカルカヤを紹介します。

DSC_0020

テニスコート横斜面一面に群落を形成

DSC_0029

苅込の強い環境でも生育

DSC_0019

種子は綿毛で風散布

 

 

 

 

 

校内風景~八重桜~

食害

平成29年10月11日

 校内に9本植えられている八重桜(春の様子はコチラ)の幼木の、食堂横3本のうち1本が、食害により葉が一枚もなくなってしまいました。
 何らかの虫に、葉を全部食べられてしまったようです。現在は、枝に葉柄・葉脈だけが残った状態です。

 秋の桜の葉には、翌年の開花に関わる重要な役割があります。
 翌年咲く花の蕾(花芽)は、既に夏の間に形成されています。葉は日照時間が短くなってきたのを関知すると、葉で花を休眠させるホルモンを作り、花芽を次の春まで生長させないようにしています。

 今回の食害は、花芽の休眠に関わるホルモン形成が最も活発と思われる時期に起こってしまったため、今後花芽に何らかの影響があるかもしれません。

 現在の八重桜の様子を紹介します。

DSC_0001

奥3本が八重桜

DSC_0009

食害に遭った1本
全く葉が残っていません

DSC_0010

残されたのは固い葉柄・葉脈のみ

DSC_0006

落葉前の葉には
翌年の開花に関わる大事な役割が

DSC_0059

ひかりの広場の八重桜6本には
食害はありません

 

校内風景~オオバコ~

開花中

平成29年10月 3日

 駐車場のアスファルトの隙間でオオバコが一株育っていました。
 卵形の葉は踏みつけに強く、葉の一部が千切れてもスジ(道管組織)は切れずに残る程です。
 オオバコの花は独特の咲き方をします。根元から伸びる細長い花序は下側から順番に咲き、雌しべも雄しべも同じ花序から出るのですが、出てくるタイミングが3日程ずれていて(雌しべが枯れ始めたら雄しべが出る)、自分の花粉で受粉(自家受粉という)するのを防いでいます。

 写真の花序も手前3本の花期は既に終わり(茶色い部分)、手前から4本目は中央部分で雄しべ(白いつぶつぶ)が出ている状態です。

DSC_0148

アスファルトの隙間から オオバコ

DSC_0152

雌しべの後に雄しべを出す
独特の戦略を持つ花

 

 

 

 

 

校内風景~紅葉始まる~

紅葉は先から?幹側から?

平成29年10月 2日

 朝・夕の涼しさに秋を感じる季節になり、校内の木々の一部に紅葉が見られるようになりました。
 ひかりの広場のケヤキは枝先が赤く色付き始めました。
 ケヤキの様に、春の芽吹きが1年分の葉を一斉に開く「一斉展葉型」の樹木は枝先から紅葉が始まります。
 ユリノキの様に、春にある程度の葉を開いた後も、順次枝を伸ばして葉を開き続ける「順次展葉型」の樹木は幹に近い方から紅葉が始まります。

 紅葉が枝先・幹側どちらから始まるかは、樹の種類それぞれの春の芽吹きの特性が関係しているということです。
 身近な木々の紅葉が始まったら、枝先・幹側どちらから紅葉しているのかと、芽吹きのタイプ(一斉・順次)を比較してみると関係性がよく分かるでしょう。

 「一斉展葉型」のケヤキの、枝先から始まった紅葉の様子を紹介します。

DSC_0011

ひかりの広場

DSC_0012

枝先から

 

校地内への自家用車乗り入れ禁止時間帯について(10月4日・6日)

ご協力お願いします

平成29年10月 2日

 10月4日(水)、6日(金)は、1年普通科関西研修および2年理数科つくば東大研修のため、大型バス7台が正面駐車場に入ります。
 これに伴い、以下の時間帯は校地内に自家用車を乗り入れることはできません。

 10月4日(水・出発日)  6:00~7:30
 10月6日(金・帰着日) 18:30~19:40

(1)原則として、生徒は可能なかぎり路線バス等で登校するようにお願いします。
(2)天候等やむを得ない事情で上記時間帯に自家用車での送迎が必要な場合は、以下のことを厳守してください。
 ・運動公園駐車場をご利用下さい。
 ・近隣の公共および商業施設(ローソン等)への駐車は、先方に迷惑がかかりますので、短時間でも絶対におやめください。

 本日、上記内容のプリントをお子様を通じて配布しました。各ご家庭でご確認のうえ、ご協力お願いします。

 

2学期中間試験

中間試験

平成29年 9月26日

 2学期中間試験が始まりました。試験は4日間です。
 9月26日(火) 1日目
 9月27日(水) 2日目
 9月28日(木) 代休(記念館を開放します)
 9月29日(金) 3日目
 9月30日(土) 4日目

 明日(9月28日・木)は、記念館で自習をすることができます。ただし、教室に荷物を取りに入ることはできません。勉強に必要な物を揃えて記念館を利用して下さい。

DSC_0005

2学期中間試験
試験中の静かな廊下

 

試験期間中の食堂営業について

特別メニュー

平成29年 9月27日

 中間試験期間も食堂は営業しています。
 特別メニューは以下の通りです。

DSC_0017

中間試験期間用の特別メニュー

DSC_0019

 

 

 

定番のおにぎり類もあります

 

今日の試験終了後も、午後の自習に備えて昼食を注文する生徒たちがたくさんいました。
食堂の様子を紹介します。

DSC_0022

試験終了後の食堂

 

コカ・コーラ教育・環境財団 平成30年度奨学生募集のお知らせ(10月3日まで)

コカ・コーラ教育・環境財団

平成29年9月27日

表記奨学生への応募希望者は、10月3日(火)までに予約奨学生担当(石津)まで申し出て下さい。
このお知らせは、3年生各教室にも掲示してあります。

○概要
・大学における正規の修業年限について、毎月15,000円を支給。
・給与された奨学金は返済義務はありません。
・将来、就職等について、何等の義務もありません。
○応募資格
・来年3月卒業見込みで、人物・学力ともにすぐれた高校生。
・来年4月に4年生大学へ進学する者。
・他の奨学金制度との併用も可能。
○定員
校内で1名(希望者複数の場合は校内選考を行います)
・校内選考で選ばれた人が県の選考を受け、島根県で1名が奨学生となる。
○必要書類
・実際に応募をする場合には、「志望動機」、「将来の夢」、「経済的事情」等を書いてもらう必要があります。校内選考で選ばれた人に渡します。
○選考方法
・一次選考・・・書類選考
・二次選考・・・11月中旬頃面接選考

平成30年度島根県育英会奨学生・就学生・学生会館入寮生の案内(10月6日まで)

島根県育英会 

平成29年9月27日

 以下の案内が来ています。応募を希望する生徒は、10月6日(金)までに募集要項を予約奨学金担当(石津)までに取りに来て下さい。この案内は3年生・補習科教室にも掲示してあります。

1、島根県育英会 奨学生

・大学等の在学中、毎月無利息の奨学金貸与を受けることができます。
・貸与月額は3~7万円の内、1万円単位で選択することができます。
※日本学生支援機構の奨学金との併用はできません(重複応募は可能)。

2、島根県育英会 就学生
・大学等の入学時に必要な資金の貸与を受けることができます。(有利子)
・貸与額は50万円か100万円のいずれかを選択することができます。
※日本学生支援機構の奨学金との併用可能です。

3、島根県育英会大阪学生会館入寮生

・大阪府吹田市にある学生会館への入寮生受入事業です。
・男女合わせて30名程度を募集しています。
・入寮費は12万円または15万円です(進学先の最短修業年限による)。
・寮費は朝・夕食込みで1ヶ月6万2千円です。(電気代などを除く)
・5期に分けて3月中旬頃まで募集・受付しています。

校内風景~ツユクサ~

青い花

平成29年 9月15日

 グラウンド横斜面に1カ所だけツユクサ群落があります。
 周囲にも草地が広がるのに、何故この場所にだけ?と思い観察してみると、草に隠れていましたが、そこは雨水を流すための排水溝の下部だと分かりました。
 ツユクサは比較的湿った場所を好む植物であるため、この場所が生育に適していたようです。
 特徴的な青い花は、朝に咲いて昼には萎むため儚いイメージのあるツユクサですが、意外と繁殖力が強く、今回の場所のように生育に好条件であれば、匍匐し茎の節からも発根してどんどん広がります。

 一輪咲きに見えますが、実は抱葉の中には2~4個の蕾みがあり、数日おきに1個ずつ順番に咲いています。花が咲き終わった後にできる丸い緑色のものの中に種が形成されます。

 ツユクサの様子を紹介します。

DSC_0124

ツユクサ群落

DSC_0120

雨水排水溝の湿り気が
生育に適した模様

DSC_0131

花の後、緑の丸いものの中に
種子が形成されます

 

校内風景~アザミ~

秋になり種子をつける

平成29年 9月15日

 秋になり、アザミの花期も終盤となってきました。
 アザミはキク科植物です(過去のの紹介記事はコチラ)。種子には綿毛があり、風で飛ばされて次の繁殖に繋げます。

 秋を迎えたアザミの様子を紹介します。

DSC_0137

花期も終盤のアザミ

DSC_0139

綿毛で種子は風散布されます

 

 

1 / 7812345102030